暑いと感じたら即汗をかいてしまう

あたしの場合は暑いと感じたら即汗をかいてしまうのです。
最も苦手なのが夏で、ちょっとでも動こうものなら汗で衣服がびっしょりとなり、黒い生地の服を着ると背中の所などに塩分が結晶化した物が出るくらいなのです。
さらに、夏の季節が最も多いのですけど、洋服に汗臭が染み込んで洗濯したのに臭いがしばらく消えないので、この時期は消せないものなんだと半分諦めています。

臭いに関しては、知り合いとお出かけの際にはいつも気にするだけではなく、いつも嗅いでしまうくらいに敏感になってしまうのです。
対処法は、長時間でもニオイが抑えられる消臭アイテムを買って試してみて、それらの中から自分が気に入ったものにしています。
私にはスプレー式と冷感シートが良いみたいなのでそれで対策しています。

汗というものは個々で汗の香りが変わると聞いた事があります。
わたし自身は代謝が悪いようなので、体内の毒素が汗になって流れ出すのが原因で臭くなってしまうのでしょう。
そのため、それを避けるために汗の質を変える為に、食事を気にしたり運動不足を解消する事で、体内循環できればなと思います。

あたしは幼い頃からよく汗をかく方でした。
友人曰く気にしなくても良いくらいらしいのですが、お姉さんが本当にすごい汗かきなんですよね。
夏なんかクーラーの無い部屋にいる事なんでできないほどなのです。

以前灰色のタンクトップを着て部屋の掃除をしているところを見た事があるのですけど、ビショビショになっていたのです。
姉のそんな様子をずっと見てきたので、他人の視線を気にしてしまうのです。
ですから、人と関わり合っていく事に自信が持てません。

汗クサイなんて言われないかな、汗っかきな女と思われていないかななんて不安になるのです。
幼馴染、仲のいい友人は気にするほどのものじゃないって言われているので、逆に自分が過剰に心配しているだけなのかなと悩んでしまいます。
汗かきという物はなかなかわかりやすい指標がありません。
重さや割合みたいに安易に数字で表す事は出来ないので、自分のレベルが今どのくらいなのかという事を知る事が出来ない為心配になってしまうのです。

汗においての悩みで多いのが、汗が多すぎるということです。
だけど、汗をかくのに相応しい時に汗をかかない事も、悩みの一つです。
汗って、要らないものを出してくれたり、カラダの温度を調節してくれるという良いところもあるのです。

そのため、汗を出すことをそこまでイヤがる事じゃないのです。
汗をかくのに相応しい時に、汗をかかなくては却って病に襲われることすらあるのです。
なので、正しく汗をかけるようにカラダのコンディションを整えるようにしないといけません。

たとえば、半身浴は体に良い事です。
半身浴をする上で間違いやすいのは、やたらとお湯を熱くして、すぐにお湯から出てしまう事です。
あんまりにもお湯の温度が高いと、体の為にはならないし、そういったやり方をしていたらしっかりと汗を流せません。

汗の悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経に問題があることが考えられます。
ちょうどいい温度の湯船にじっくりと入り、自律神経を整えてあげることで、適切に発汗する事ができるようになるのです。

女性の汗かき対策にアセカラット

私が持っている汗の悩みは、体の部分ごとにかなり汗をかく量が異なるのです。

例えば、真夏の汗。
家族は背中や、オデコから汗をかいているのですけど、同じ状況の中で一日を過ごしても、あたしの場合は背中には汗は出ませんが、首や両脇にはそれなりに汗をかいてしまうのです。
これが大変不快なのです。

とりわけ、皆さんも同じかもしれませんが、脇という場所に汗は出ないで欲しい所なのです。
額もまったく汗が目立たないせいか、周りと同じスポーツをしていても「ちゃんと運動してる?」なんて思われがちなのです。
これは、すこし損した気分になります。

脇とかうなじに汗をかくわたしは、臭いの方が気になるのです。
そのため、海外メーカーのビッグサイズで、また日本では手に入れられないパヒュームを好奇心でネットでわざわざ取り寄せるほどです。

また、重曹石鹸も有効みたいです。今現在は薬局などでも扱ってたりします。
多汗症の方でもいろんな香りの選択肢があり、ありがたいなと感じています。

美肌のために心掛けている2つのこと

自分は大雑把な性格です。そんなわたくしが美肌のために心掛けていることは2つだけあります。

まず1つ目は、クレンジング。

化粧水とか美容液、パックなど、あれこれといろいろつけるのは苦手です。しかし、必ずクレンジングは、いつもしっかりとじっくり時間をかけて化粧のヨゴレを隅々まで落とすように気をつけています。
若いころは、夜遅くまで飲んで帰宅してもそのまま化粧も落さないで寝てしまうことがありました。だけど、歳を重ねるとともに肌質も変わってきたので今はそんなことをする勇気はありません。
勿論化粧水をつけて水分を補うことも大切ですが、皮膚も息をしているから、やっぱりしっかりと化粧を落として空気を吸わせてあげることが最も重要な事だと思います。

それと2つ目は、眠ることです。

今までは、週末には飲みに出かけたり徹夜をすることもあって、お休みの日はゴロゴロしたりしていました。でも、出産してママになってから一変して規則正しい毎日を送っています。
基本的によく寝ないと体調を崩す体質でした。けれども今では、10時就寝、7時に起きる生活習慣になっているので、身体もお肌もよろこんでいると思います。
メイク落としと睡眠は、誰にでも、無理なく継続できることだと思っています。

最近、起床時にカガミに映った自分の顔面が、フェイスラインが崩れていて、それを見ただけでどんどん落ち込んでしまうので、顔エクササイズをはじめてみました。
はじめに口を少し開いたまんま、口の両端をひきあげスマイル。そのまま、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」と表情をしっかりやりながら声を出します。オーバーに動かして、ゆっくりちゃんと言っていくのがポイントです。

次は目を細めてやるエクササイズ。細目にして、ほっぺを目に近づけるような感じでやります。それから、目立ちがちなほうれい線対策をやります。これは舌で口の内側から、シワをアイロンするようになぞっていきます。
唇の裏側にそって、右回り、左回りと3~4回ずつ。ストレッチの締めは大きく「あ」の口にして、可能な限りベロを前にだし、折角なので舌の状態もチェック!

それまでは起床時から疲労が溜ったブルドッグ顔でしたが、この運動を行うようになって3ヶ月も経っていませんが、何となくだるだる感もなくなって、法令線も薄くなってきたようにも思えます。起きたてでもにこやかな顔をすると、それだけで脳ミソが幸福感を得るので、幸せな気分で暮らせます。

ベースとなる「カラダ」を整えています

あたしは美しくなるために、ベースとなる「カラダ」を整えています。その方法は、起きたらラジオ体操第一とフィットネスウォーキングをやることです。

「ラジオ体操?いやいや・・・。」と思う人もいるかも分かりませんが、「ラジオ体操」って正しいやり方で行っていくと、結構疲れます。この体操から始まり、体がホカホカしてきたところで、フィットネスウォーキングを開始します。

これもただ、ダラダラ歩くのではなく、色々と気をつけながら行います。細かく言えば、「腕を大きく振る事」、「歩幅を広くとること」、「呼吸が乱れないようにする事」、息が浅くなりかけたら、「歩き続けながら腹式呼吸を再確認すること」などを意識して行っています。
そうすると、脂肪も燃焼されやすくなり、血液循環も良好になり、肌に良い事ばかりなので、わたしはキレイになる為に土台となる体作りをお勧めしています。

美容で努力していることは軽めの運動と食事制限です。運動はお風呂上りに軽い柔軟体操と会社に行くまでウォーキングを30分と、一週間に1回ヨガに通っています。
ホットヨガとあわせてたまにランニングも行い、基礎体力を上げる事を心がけています。毎日スポーツジムに行くのは続ける事が難しいので、適度に運動が出来るこのペースで日々適度に運動を取り入れています。

食事面では穀物系は少なめにして、野菜を多く摂るように心がけています。こんな日々を過ごすようになって数年たったのですが、冷え性が良くなりました。しかも、何年か前と比較して見た目にボディラインも変化していきました。変わったのは腰回りだけなのですが、ずいぶんすっきりしてきて、楽になりました。

他には保湿も気にかけています。乾燥する冬は当然なのですが、真夏の冷房がきいたところでは、定期的にスプレータイプの化粧水を吹きかけたり乳液を塗ったりと自分で出来る方法でケアしています。

正直どの化粧品が私に合っているのかわからない

化粧をするようになってもう何年も経つけど、正直どの化粧品が私に合っているのか未だわからない。
ありすぎじゃない?ってお店のぞくたびに思う。

マスカラ、ライナー、ファンデーション。
どれひとつとっても全てのブランドで2、3種類は必ずあるように思う。

だから口コミサイトとかで調べて評判がいいものに落ち着く。
それでも何回か使っているうちになんとなく他がよく見えたり、買い替えのタイミングでまた検索して上位に上がっているものがほしくなったりするから、本当によくわからない。

いつもこんな感じなんだけど、化粧水だけは同じものを使ってる。
化粧水というか、化粧水と乳液とパックと・・・本来別々に売られているようなものが一つになった商品。
最近類似商品が増えてきたようにも思えるけど、その中でもただ一つだけを使い続けてる。

顔全体に使うものだから冒険したくないっていうのもあるかもしれない。
だからこれだけは、よくわからないながらも唯一気をつけている部分。
肌が荒れてしまわないように、大丈夫だと思っているものだけを使い続ける。

年齢とともに肌も変わってくるから、今後も絶対に変わらずこれを使い続けるとは言えないかも知れないけれど。

私は二年ほど前に肌が結構荒れていたことがあり、その当時は吹き出物やニキビなどが毎日のように増えたり治ったりを繰り返していたことがあります。
そんな当時の肌荒れの痕がシミになって今でも残っているのが悩みです。

薄茶色のシミが特に頬の辺りに集中していて、鏡を覗くたびに憂鬱になります。
なんとかシミが消えて昔のような肌に戻って欲しいところなのですが、一度出来てしまったシミは完全に消すのは難しいみたいです。
本当にきれいに消そうと思ったら、皮膚科や美容整形で手術でもしなければ無理なのかもしれません。

そんな二年ほど前の肌荒れの原因というのははっきりとは分からないのですが、当時はちょうど環境が変わったところでもあり、ストレスからきたものなのかなと思います。
そこで私はもっぱらスキンケアといえば、シミやくすみの対策ばかりに力を入れています。
そしてシミ対策ができるというスキンケア用品があると、とりあえずは試してみるかなと思うのです。

最近、どうせ、化粧してもあまりかわらないのなら、しなくてもいいのでは、と化粧の必要性が特にないんじゃないかと思いまして、ここ最近1週間ぐらいすっぴんで過ごしていました。
すっぴんだと化粧品代金の節約にもなるし、経済的にも助かります。

更に、すっぴんだとクレンジングとかもいらないくて、そのままざぶざぶ顔も洗えるので非常に快適です。
しかし、すっぴんで過ごしていたせいか、はだにくすみのようなものが気になりだしました。
このままほっとくとシミとかになってしまうんじゃないかとふと、不安になりました。

更に、顔が雪焼けのためかちょっと焼けたんじゃないかと色々と副作用が気になりだしてきました。
折角、手に入れた快適なすっぴんライフだったのですが、できればずっとこの快適なまま生活していきたかったのですが、ずっとすっぴんというのも問題ありかもと思いだしました。
やはり少しうっすらでも化粧した方が色々雨風・日光等ガードしてくれるので、原始時代のようにはいかないものだなと思いました。
<参考>オンリーミネラル通販 | オンリーミネラルの通販取扱店はこちら
<URL>http://www.ndeportivos.com/

ほおと鼻の毛穴が目立つのがきになります。
ファンデーションを塗っても隠せないのが鼻の頭の毛穴。
厚くぬりすぎると今度は、ファンデーションが浮いてくるので厚く塗ることもはばかられます。
薄目に塗ると毛穴が目立ってしまいます。

一度、広がった毛穴は小さくならないといいます。
だからどうしようもないのかなぁと困っています。
唯一、毛穴を目立たなくさせていく方法は、できるだけ保湿を心がけてふっくらとした肌にしていけばいいということを聞きました。

だから、顔を洗う時もできるだけ泡洗顔でやさしく洗うことを心がけています。
化粧水も保湿をするためにハンドプレスでしっかりとなじませるようにしています。
そのあと、美容液を塗って、保湿のクリームを塗ってカバーしています。

それでも、やっぱり、毛穴は、目立ってしまいます。
毛穴の角質をとったほうがいいと言われたら、パックをして毛穴の汚れをとったりもしています。
でも、取りすぎるとかえって目立つという説もあるので、ケアにはとても気を使います。
ちなみに最近友達に教えてもらったミネラルファンデが気になってます。

リキッドファンデーションや、クリームファンデーションを使うと、ファンデーションが偏ってしまい、ムラが出来てしまいます。
手で塗っていますが、うまく伸びないことがあって困ります。
ほおや口周りなどがうまく伸びません。

だから、パフなどを使って少し強めにこすると、カスみたいなものが出てきます。
これは、一体なんなんだろうといつも困っています。
パウダーファンデーションだけでは、カバー力が足りないので、できれば、リキッドを使いたいのですが、このカスみたいなものが出てくるので困っています。

もしかして、これは、角質が綺麗に撮れていないのかと思い、夜のケアで、クリームを使ってマッサージをしたりしています。
でも、次の日にしてもやっぱり、ファンデーションを塗るとムラができて困ります。
だから、リキッドや、クリームファンデーションを使うときは、できるだけ少なめにして、あとでパフなどでムラを調整しています。
時間が経つと馴染んでくるので少し早めに化粧をするようにしています。

春だけなのですが、顔が痒くなります。
花粉が原因なのかな?と思っていたので春だし、普通の化粧水なんかを使っていました。
保湿の化粧品は「冬」と言うイメージだったので、普通の化粧品を使っていたのです。
春に保湿の化粧品をつけると、なんだか野暮ったくなってしまいそうで嫌だったのです。

でもどうしても痒い!
化粧してても痒いし、寝るときも痒いし朝起きても痒い。
気が狂いそうでした。
なので美容相談に行って来ました。
化粧水なんかがあってないのかと思って。
そしたらなんと乾燥しているのが原因と言われました。
花粉が原因かと思っていたのに。

で、保湿の化粧品を使ってみるとだんだんと顔の痒いのが収まってきました。
これには目からうろこでした。
まさか自分が乾燥肌でここまで悩んでいるとは思いもしなかったのですから。
そういえば、顔の皮膚もポロポロ落ちてしまってて掻いたからかと思っていました。
痒いだけで悩んでいたのですが、乾燥肌って意外な原因があったのですね。発見です。

ワキガによって出てくる体臭の改善

ワキガの人にとっては、脇の臭いに関する悩みは強いのではないかと認識されています。汗腺が活発に動き、出てくる汗が細菌によって分解されることが一般的であることから、体臭の一部として発生しやすいのではないでしょうか。

このような形式で、脇の臭いが強く出やすい傾向にあるワキガの症状は、専用の対策用品を使うなどして対処していくことが望ましいと考えられており、実際にワキガの人がケアを行うことも普遍的となっています。

体臭の中でも、ワキガが原因で生じる脇の臭いは、非常に悩ましいものとして多くの人から実感されています。脇からの汗が多く出た際に適度に拭き取ったり、制汗スプレーを使ったりすることによって、ワキガの不快な臭いを軽減させることが可能であるとされています。

ワキガの人が、それぞれ適切な方法でケアを行うことが、今後は積極的に実践されていくのではないかと考えられていることから、ワキガの症状の軽減に繋がることが期待されています。

おすすめ⇒女性のワキガ対策におすすめのクリーム

自分は中学の頃から、周りの人に脇臭がするといわれ、体操着の上も脇の部分が黄色いシミになってしまうくらいでした。それからは高1になり、腋臭ケアにデオドラントクリームを使用したりして臭わないようにしていました。

社会人になり、7年程、腋臭用クリームで臭わせないようにしてきたのですが、ついに有給を取って短期間の腋臭手術を行いました。1日で手術は終わり、あとは七日ほどの病院生活。

包帯はぐるぐる巻で固定され、手元は動かせたので、入院中はそんなに窮屈さも感じませんでした。1日1度、先生が回診にきてくれて、傷口の手術用の糸は、二週間くらい経過してから抜糸しました。

退院してからは毎月一回はクリニックで診てもらい1年通院しました。そうしたことで腋臭臭がなくなりました。薬用わきがクリームを使用していなくても、無臭でいられるのです。

とにかく働いていても不安に思わずにすむのでとても解放された気がします。ワキガで弱っている人は腋臭手術を受けてみた方がいいかも。10万円以下でできるので試す価値はあると思います。

我が家では実の父もだんなも水虫持ちでこれがウロウロしているともう部屋の中が水虫の臭いで吐きそうになります。

主人は水虫ケアをキチンとしている方なのでそんなにひどくないのですが、家の父はひどく無精なので娘の私がお風呂から出た後に水虫用スプレーを施してあげないと自分自身でケアする事をしないので、もう鼻と気持ちの限界を感じた日からもう手伝うことはしていません。

だけど、家に上がるとあの「足臭」が臭ってくるので、父親にダイレクトに「水虫治らないと臭すぎるから治して」と忠告してやろうかとも考えました。

一度父にキレてしまった事があって、その時、父さんはしょんぼりしてしまったので、それ以来文句を言うこともできない状況です。優しく忠告してもケアをしてくれないので本当にどうしようもないのです。うちが臭いのはかなりしんどいです。

旦那さんにもさりげなく父親に忠告してと頼んでいるのですが、面倒くさがり屋の父にはなかなか勝てません。一つ屋根の下にいるとどうやったって臭いので、できる限り父親が在宅時には外へ出るようにしています。

多くの人の前で話をする時や会議でのプレゼンの場合などプレッシャーを感じた時に、ワキ汗をかいているのを感じます。それから、ひどい時には、脇にかいた汗が下に垂れていくのを感じるので、非常に気持ち悪い時があるのです。

そうした時は大抵、シャツのワキの所が湿ってしまっています。私一人だけ気持ち悪い思いをしているのなら問題ないのですが、それに気づかれてしまった場合なおさら恥ずかしい思いをします。

ワキから汗が出ていて、汗じみができているのを人にバレると、その場に居たくなくなるのです。そして、汗をかいた脇の部分から体臭というか異臭を漂わせているのではないかと不安になります。

何回も汗ジミができたシャツは、においがへばりついているように思うのです。そのため、また脇汗をかくことによって、ひとたびシャツについたにおいが、次にかいた汗と一緒になって悪臭を放出しているかもしれないと不安な気持ちになります。

毎日何回か笑おうと決めています

毎日笑うことが私の健康法であり気をつけていることです。私は黙っていると怒っているような顔をしているみたいで、ちょっと黙っているだけで「なにか怒ってるの?」とよく聞かれます。あまりにもこう聞かれることが多くてだんだん自分の顔が嫌いになっていました。

昔は自分の顔が好きだったのに、ただ黙っているだけで怒っていると勘違いされてストレスが溜まります。それが原因で人間を嫌いになりかけました。誰とも会いたくないと家に引きこもったこともあります。人混みへ行くのが怖くてどうしても買い物に出なくてはいけないときはマスクをつけました。

マスクをしていれば「怒っているの?」なんて聞かれません。今もそうですが家から出るときは必ずと言っていいほどマスクをしています。こんな私なので不健康になりがちなんですが自分なりに楽しいことを見つけて1日何回か笑おうと決めています。

笑う健康法がありますが笑うことで自分が変われるような気がするのです。

30歳目前にして…

30歳目前になり最近、肌荒れのほかにたるみが気になり始めました。
頬の辺りにうっすらほおれい線のようなものが目立つようになった気がします。

特に夜中までお酒を飲んで次の日会社へ出社するときなど疲れが溜まっているときにその症状は現れます。
あと、不意に電車の窓に映った自分の顔を見た時にほおれい線が目立つような気がします。
なるべく電車の窓に映る自分をみないようになりました笑

でも今の内ならまだ食い止められると思い小顔リンパマッサージへ行きました。
老廃物が溜まっているようで結構痛かったですが顔が軽くなりすっきりしました。
担当の方が自宅でできるマッサージも教えてもらいました。

毎日リンパマッサージを家でやるようにしました。
すると心なしかむくみもなくなりほおれい線も薄くなった気がします。
お酒を飲むのが1番良くないと思うのでやめたいのですが会社で色々あったりするとやめられません。
飲みすぎないように日々気を付けようと思います…。

食事は胎児の発育にかかわるから気をつけた

妊娠中に気にしていたことは、食事です。
妊娠初期の頃には胎児の発育を妨げるような物は全て避けていました。
海鮮類やカフェイン類を特に気にしていました。

それでも友人とかと食事に行く時には、妊娠初期であるから妊娠していることを告げることが出来ずに、食べてしまうこともありました。
あまり気にしすぎも良くないとは思いますが、食べないで避けることで安心できる部分もあります。
つわりで何も食べられない時は、とりあえず好きな物を好きなように食べていました。
つわりは徐々に収まっていき、それに伴って食欲も出てきました。
つわりが終わったから沢山食べれる訳ではなく、つわりで減った体重からその後の体重増加率が計算されるので、1回目妊婦検診を受けた12週から体重管理は始まりました。

なるべく和食の物を食べて、自分で作るように頑張りました。
最初の頃はめんどくさがって、買ってきたお惣菜なども食べていましたが、必要な栄養素が摂れないのとカロリーが高い事に気付いて、時間はかかるが自分で作ることにしました。
今まで作ることのなかった料理にも挑戦することが出来たので、妊婦期間の時間がある時に料理をやっておいて良かったです。
ピニトール 多嚢胞性卵巣症候群

妊娠中に気をつけていたことは、初期から臨月まで一貫して太らないことでした。
とにかく、検診のたびに言われることは「太らないように」ということでした。
むしろ?せるぐらいでいいとまで言われたのですが、妊娠する前の基本的な体重は56~57キロでした。

身長は165センチなので?せてはいないけれど太ってもいないと思うのですが、先生からは「その身長でも体重多すぎ」と言われました。
これにはちょっと今でも納得いきません。
というのも、マラソンをしているので見た目決して太っていないと思うのですが、体重は55キロ前後あります。
筋肉があるとどうしても体重は重たくなるものです。

でも、その当時は妊婦ゆえ先生の言うことは絶対です。
太らないように食事は控えめ、2時間くらいかけてゆっくり散歩をするなど日々運動を取り入れていました。
その努力のおかげか何とか体重増加は9キロで、1カ月もせず元の体重に戻りました。

その時に先生の「ダイエットするぐらいの気持ちでちょうどよい、自分のためですよ。」と言った言葉の意味が理解できました。
産後ダイエットは必要ありませんでした。

結婚が遅かった娘は、結婚する相手がいない時から子供を欲しがっていました。ようやく今年結婚したのですが、それを機に仕事も辞め婚活宣言をしました。

おおざっぱな彼女からは考えられないこと、排卵日を知るために基礎体温をつけ始めたと言ってきました。本気か、とちょっとうれしく思いました。年を取ると出産のリスクが高くなるのは聞いていましたから。
体温が高いとか、低いとか、暇なものだから細かく報告してくるので、どれだけ子供早く子供を授かりたいかが痛いほどわかりました。

2か月ほど経ったある日、「胃が気持ち悪い」と電話があり、これは…と期待しましたが、そうではなく、その後も胃の不快感が続いたようです。次の電話が胃カメラで調べるというものだったので、本当にびっくりしました。ストレスか食べ過ぎくらいにしか思っていなかったからです。

その結果、「ピロリ菌に因る鳥肌胃炎」と診断されたそうです。それよりもショックだったのはピロリ菌を除菌するまで妊活は禁止されたことだったようです。ピロリ菌の除菌薬は一週間だったそうですが、3か月後の検査で除菌が確認されるまでダメとのことでした。

それでも娘は治った時のために、基礎体温を計り続けると妊活に燃えています。その間に風疹のワクチンも接種しておく、と前向きです。
結婚すれば子供ができるのは当たり前と思っていましたが、娘の落胆ぶりに改めて子供は授かりものだと思いました。

便秘解消のためにどくだみ茶を飲んでいます

私は、元々冷え性、便秘性の体質で20代の頃から悩んでいました。週に一度出れば良い方で、いつも、お腹がキリキリした痛みや、立ち仕事をしていたせいか、足も浮腫みがちでした。

特に、元々の体質だったので、特別何かしようとは思っていなかったのですが、30代で長女を出産した後から、重度の生理痛、腰痛に見舞われて、生理が来るたびに痛み止めを飲んでも辛く、2、3日寝込むのが当たり前になってしまいました。

同時に、便秘もますます酷くなり、特に左側の腸が捻れるくらいの痛みを感じる様になりました。
最初は、婦人科系の病気かと思い、病院に行ってみたものの特に異常はなく、便秘で子宮と腸が圧迫されているのが原因ではないかと言われました。

食物繊維や水分を多く摂ってみてもなかなか改善されず、辛い日々が続きましたが、どくだみ茶が冷え性や便秘にも良いと知人から聞き、試しに飲んでみることにしました。
飲み始めは、少し薬臭い味がして苦手でしたが、飲んでいくうちに味がくせになりました。どくだみ茶には、便を軟らかくしてくる効果もあるそうなので、以前に比べ少しお腹の痛みもらくになりました。

おすすめニキビ対策

スキンケアと言えばニキビが最初に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
私はニキビができやすい体質であるため、気を付けてできないようにしています。
そこで私が行っているニキビ対策をご紹介します。

ニキビ対策で大切なことは、健康的な生活リズムで毎日を過ごすことです。
早寝早起き、適度な運動、栄養バランスのとれた食事です。
夜更かしをした翌日にはニキビができていることがあります。
また、チョコレートを食べ過ぎるなど、栄養バランスが偏ると、ニキビができやすいものです。
毎日適度な運動をすることで食欲がわいたり、夜眠くなって自然と早く眠れたりします。
つまり、全てがつながっているので、全てが大切なのです。

もう一つ気を付けていることとして、ストレスをためないことがあげられます。
ストレスを感じないことはできないので、せめてためすぎないよう、ストレス発散をするよう心掛けています。

生活リズムが崩れたり、ストレスがたまったりするとニキビはできてしまいます。
日々の生活リズムとストレス発散を意識することで、ニキビができないようにしましょう。