毎日何回か笑おうと決めています

毎日笑うことが私の健康法であり気をつけていることです。私は黙っていると怒っているような顔をしているみたいで、ちょっと黙っているだけで「なにか怒ってるの?」とよく聞かれます。あまりにもこう聞かれることが多くてだんだん自分の顔が嫌いになっていました。

昔は自分の顔が好きだったのに、ただ黙っているだけで怒っていると勘違いされてストレスが溜まります。それが原因で人間を嫌いになりかけました。誰とも会いたくないと家に引きこもったこともあります。人混みへ行くのが怖くてどうしても買い物に出なくてはいけないときはマスクをつけました。

マスクをしていれば「怒っているの?」なんて聞かれません。今もそうですが家から出るときは必ずと言っていいほどマスクをしています。こんな私なので不健康になりがちなんですが自分なりに楽しいことを見つけて1日何回か笑おうと決めています。

笑う健康法がありますが笑うことで自分が変われるような気がするのです。

30歳目前にして…

30歳目前になり最近、肌荒れのほかにたるみが気になり始めました。
頬の辺りにうっすらほおれい線のようなものが目立つようになった気がします。

特に夜中までお酒を飲んで次の日会社へ出社するときなど疲れが溜まっているときにその症状は現れます。
あと、不意に電車の窓に映った自分の顔を見た時にほおれい線が目立つような気がします。
なるべく電車の窓に映る自分をみないようになりました笑

でも今の内ならまだ食い止められると思い小顔リンパマッサージへ行きました。
老廃物が溜まっているようで結構痛かったですが顔が軽くなりすっきりしました。
担当の方が自宅でできるマッサージも教えてもらいました。

毎日リンパマッサージを家でやるようにしました。
すると心なしかむくみもなくなりほおれい線も薄くなった気がします。
お酒を飲むのが1番良くないと思うのでやめたいのですが会社で色々あったりするとやめられません。
飲みすぎないように日々気を付けようと思います…。

食事は胎児の発育にかかわるから気をつけた

妊娠中に気にしていたことは、食事です。
妊娠初期の頃には胎児の発育を妨げるような物は全て避けていました。
海鮮類やカフェイン類を特に気にしていました。

それでも友人とかと食事に行く時には、妊娠初期であるから妊娠していることを告げることが出来ずに、食べてしまうこともありました。
あまり気にしすぎも良くないとは思いますが、食べないで避けることで安心できる部分もあります。
つわりで何も食べられない時は、とりあえず好きな物を好きなように食べていました。
つわりは徐々に収まっていき、それに伴って食欲も出てきました。
つわりが終わったから沢山食べれる訳ではなく、つわりで減った体重からその後の体重増加率が計算されるので、1回目妊婦検診を受けた12週から体重管理は始まりました。

なるべく和食の物を食べて、自分で作るように頑張りました。
最初の頃はめんどくさがって、買ってきたお惣菜なども食べていましたが、必要な栄養素が摂れないのとカロリーが高い事に気付いて、時間はかかるが自分で作ることにしました。
今まで作ることのなかった料理にも挑戦することが出来たので、妊婦期間の時間がある時に料理をやっておいて良かったです。
ピニトール 多嚢胞性卵巣症候群

便秘解消のためにどくだみ茶を飲んでいます

私は、元々冷え性、便秘性の体質で20代の頃から悩んでいました。週に一度出れば良い方で、いつも、お腹がキリキリした痛みや、立ち仕事をしていたせいか、足も浮腫みがちでした。

特に、元々の体質だったので、特別何かしようとは思っていなかったのですが、30代で長女を出産した後から、重度の生理痛、腰痛に見舞われて、生理が来るたびに痛み止めを飲んでも辛く、2、3日寝込むのが当たり前になってしまいました。

同時に、便秘もますます酷くなり、特に左側の腸が捻れるくらいの痛みを感じる様になりました。
最初は、婦人科系の病気かと思い、病院に行ってみたものの特に異常はなく、便秘で子宮と腸が圧迫されているのが原因ではないかと言われました。

食物繊維や水分を多く摂ってみてもなかなか改善されず、辛い日々が続きましたが、どくだみ茶が冷え性や便秘にも良いと知人から聞き、試しに飲んでみることにしました。
飲み始めは、少し薬臭い味がして苦手でしたが、飲んでいくうちに味がくせになりました。どくだみ茶には、便を軟らかくしてくる効果もあるそうなので、以前に比べ少しお腹の痛みもらくになりました。

おすすめニキビ対策

スキンケアと言えばニキビが最初に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
私はニキビができやすい体質であるため、気を付けてできないようにしています。
そこで私が行っているニキビ対策をご紹介します。

ニキビ対策で大切なことは、健康的な生活リズムで毎日を過ごすことです。
早寝早起き、適度な運動、栄養バランスのとれた食事です。
夜更かしをした翌日にはニキビができていることがあります。
また、チョコレートを食べ過ぎるなど、栄養バランスが偏ると、ニキビができやすいものです。
毎日適度な運動をすることで食欲がわいたり、夜眠くなって自然と早く眠れたりします。
つまり、全てがつながっているので、全てが大切なのです。

もう一つ気を付けていることとして、ストレスをためないことがあげられます。
ストレスを感じないことはできないので、せめてためすぎないよう、ストレス発散をするよう心掛けています。

生活リズムが崩れたり、ストレスがたまったりするとニキビはできてしまいます。
日々の生活リズムとストレス発散を意識することで、ニキビができないようにしましょう。

趣味の料理と毎日の料理

先日お友達に誘われてクッキングセミナーの体験に行ってきました。
大学生からずっと自炊派なので、普段から料理はしているけれど、たまには、おしゃれなメニューを覚えるのもいいかもしれないと思ったんです。

参加されていたのは、自分と同じ20後半から30代のいわゆるアラサーの方々。
どうも婚活を始めて料理ができたほうが良いと習い始めた方が多いそうで…メイクも服もバッチリなのは素敵なことだけど、流石にネイルはどうかと思います…そのキラキラした爪でお米研いだり野菜切ったりするのって違和感ないのかしらと疑問に思いつつ、グループに分かれて料理開始。

メニューはチキンのハーブグリルと温野菜のバーニャカウダとキノコのパエリアでした。
うん、予想通りオシャレでおもてなし料理にはピッタリでした。
でもオリーブオイルとニンニクが多すぎません?ニンジンやカボチャを星型やらハート型に抜くと可愛いけどその残った部分どうするんです?
鶏肉とキノコと野菜だからヘルシーだねーってほんとに思ってます?こんな単価の高いメニューを毎日彼氏さんに作れます?

もう調理中に頭の中でツッコミオンパレードでした。自分は、冷蔵庫の中身と特売品を見ながら一汁三菜のメニューを考えて、飽きないようにいかに食材を使い切るのが楽しいので、こういう料理もあるのかー!と目からウロコでした。

確かにこれは趣味の料理だなあと。確かに教室側も受講料を貰っている分、それなりに手が込んだり見栄えが良いものを出さないといけませんよね。
自分がやっている毎日の料理とは違うんだなあと思いました。
自分が貧乏性なだけなんですけどね。

結局教えて貰った料理は、骨つき鶏モモ肉が手羽元になり、バーニャカウダは温野菜と豆腐のオリーブオイルサラダになり、パエリアはフライパンでパエリア風炊き込みにアレンジされて自分のレシピに加わりました。

外見とか見た目にこだわっただけでは、自分の内面までは磨けないんだなあとつくづく感じた料理教室初体験でした。

1週間で効果を感じます

今まで様々な化粧品を試してはこれというものに出会えずにいました。ネットで口コミを調べるうちにイプサのメタボライザーという化粧液の存在をしりました。ずぼらな性格なので一本でお手入れが済めばいいなとの希望でイプサショップへ行ってみました。

まずスキンチェックをして下さり肌に自分の合ったスキンケア方法をアドバイスしてくださいました。私の年齢では化粧液のみでは済みませんでしたが、17本あるメタボライザーの中から選んで2日分のサンプルを頂いて帰りました。私は花粉などのアレルギーもちなので敏感肌用の保湿タイプが合っていると言われました。

家に戻って使ってみると化粧液がぐんぐん肌に浸透して、肌がすごく柔らかくなるのを感じました。

サンプル2日分使用して再びイプサショップへ。メタボライザーとハリを与えるクリームを一緒に購入しました。使い始めてまだ1週間ですが、肌が乾燥することがなくなりました。メタボライザーは1本で42日間使用。42日で肌が生まれ変わるからだそうです。次にスキンチェックが楽しみになってきました。

料理との出会い

私は現在大学の4年生です。私は大学に入学した当初、料理をするつもりはありませんでした。どのくらいなかったかというと、料理道具がインスタントラーメン用の鍋のみというくらいには料理をするつもりはありませんでした。

そんな私が料理を作り始めたのは大学3年になってからでした。きっかけは友達と行った料理屋さんで牛すじ煮込みを食べた時に、友達がこれくらいなら作れると言っていたことです。私はこのレベルの料理を家で普通に作れるという事実に衝撃を受け、料理を作ってみようと思いました。

家に調理用具が何もなかったので友達に聞きながら揃えて牛すじ煮込みを作りました。家庭科の調理実習くらいでしか料理をしていない自分でも美味しいものが作れるとわかったのがとても嬉しかったのを忘れられません。そこから、料理のレパートリーを増やしていき、今では料理が趣味となっています。料理を趣味にしていてよかったなと思うことは、周りの人達が今までと違う目で見てくれることです。

優秀!100円ショップのネイルシール

暑さ本番!サンダルの季節に備え、足の爪もネイルをする時期がやってきました。とはいえ、ハンドもフットもネイルサロンでキレイにしてもらえば、それなりに時間もお値段もかかってしまう…。

簡単かつ手ごろにネイルを楽しめないかと考えていると、やっぱり頼りになるのは100円ショップの存在!今や100円ショップに種類多くのネイルシールが販売されているのです。夏らしいマリンテイスト、パイナップルやハイビスカスなどトロピカルなデザインから、大人っぽくも仕上げられる1点ものストーン。キュートな音符や黒猫まで、見ていて楽しくなるほど盛りだくさん!

しかも、シールなので簡単にアレンジが可能です。ベースネイルカラーもシンプルな色からポップな色まで揃っています。

「ネイルをしよう」と張り切ってネイルカラーをたくさん買っても、使い切れず固まってしまいますよね。100円なら、たっぷり使えます。固まってもあきらめがつくところがいいところ!簡単、お手軽100円ネイルで、足元のおしゃれを今年も楽しみたいと思います。

自分磨きの為に料理の練習

私は、自分磨きの為に料理の練習をしています。今までは、ほとんど料理の経験が無く包丁の使い方なども皆無でした。しかし、今現在お付き合いしている彼氏が、手料理に非常に飢えており、毎日コンビニ弁当を食べていることを知り、彼氏の為に手料理を作ってあげたいと思うようになりました。

そこで、クックパッドという料理のレシピが載っているサイトを利用して、ひとつずつ料理を作る練習をしました。最初は、材料の分量や工程に関する専門用語がよく分からなかったのですが、それもだんだんと理解していき、慣れていきサイトを見らずとも一人で料理を作れるようになりました。

さらに、自分でも成長したなと思ったのが、冷蔵庫を見てパパッと献立を考えることが出来るようになったことです。また、料理を作ると誰かに美味しいと言われることがこんなに嬉しくなるとは思いませんでした。彼氏が、「こんな料理家で食べたことがない。すごく美味しいよ。」と言われた時は、涙が出そうになりました。これからも、彼氏に美味しい料理を作ってあげたいと思います。