料理との出会い

私は現在大学の4年生です。私は大学に入学した当初、料理をするつもりはありませんでした。どのくらいなかったかというと、料理道具がインスタントラーメン用の鍋のみというくらいには料理をするつもりはありませんでした。

そんな私が料理を作り始めたのは大学3年になってからでした。きっかけは友達と行った料理屋さんで牛すじ煮込みを食べた時に、友達がこれくらいなら作れると言っていたことです。私はこのレベルの料理を家で普通に作れるという事実に衝撃を受け、料理を作ってみようと思いました。

家に調理用具が何もなかったので友達に聞きながら揃えて牛すじ煮込みを作りました。家庭科の調理実習くらいでしか料理をしていない自分でも美味しいものが作れるとわかったのがとても嬉しかったのを忘れられません。そこから、料理のレパートリーを増やしていき、今では料理が趣味となっています。料理を趣味にしていてよかったなと思うことは、周りの人達が今までと違う目で見てくれることです。