顔エクササイズを開始して顔周りがスッキリ

少し前、朝起きて洗面所で目に入る「顔」が、頬がゆるんでいて、その悲惨さに余計にヘコんでいきそうなんで、顔エクササイズを開始しました。

まず最初に口を軽く開け、逆への字口になるように「イ」の口にします。
その後は、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」と表情をしっかりやりながら声を出します。
大きなアクションで、じっくりとキチンと発声しながらやるのが肝心です。

二つ目は目を細めてやるエクササイズ。
目周りに力を入れて、頬筋を盛り上げるような感じにします。

あとは、目立ちがちな法令線を消す運動です。
トレーニング方法はベロを頬のうち側から、皺部分を伸ばすようにグッと力を入れます。
そのままグルグルと、右回り、左回りと3~4回ずつ。

最後は大きな口を開けて、可能な限りベロを前にだし、ついでに舌チェックもしてしまいます。
それまでは起きたときから元気のない中年オババの顔でしたが、このエクササイズをやりはじめて2ヶ月ほどですが、何となく顔周りがスッキリしてきて、ほうれい線が目立たなくなってきたかも。

朝から笑った表情を作ると、それだけで脳ミソが幸福感を得るので、幸せな気分で過ごせます。

自分は、ストレスや疲労が溜まるとすぐに肌トラブルを起こしてしまいます。
大人ニキビ、吹き出物などもよく出来る方で、本気で悩んでいました。
何より、眠る時間はたった4時間で仕事に打ち込んでいたので、身体も心もボロボロだったと思います。

半年前、結婚を機会に専業主婦になりました。
気配りのできるダンナは、「もう仕事のことは考えなくてもいいんだから、よく眠って、身体をゆっくり休めた方がいいよ」と言ってくれたんです。
その気遣いに甘えて、毎日少なくとも10時間、睡眠時間をとるようになりました。

あたかも、冬眠している熊のようだとふと笑ってしまったほどです。
それで、沢山の野菜を使ったご飯を、満腹になるまで食べて寝るという日々を送っていました。
すると、なんと少しずつ体重が減ってきて、更に、にきびや吹き出ものもできなくなったのです。

ただただ、ほんとうに驚きました。
あり得ないくらい楽な美容法が見つかったのですが、どんなに高級な化粧水や乳液よりも私には一番効き目が現れました。

このようなわけで、眠かったら我慢しないで寝る、腹が空いたら野菜をふんだんに使った食事をたくさん食べるということを心掛けています。
当然のことですが、お肌は生きています。

ふだん私達が生活をしていて、肌が生きていると実感することはそんなにないでしょう。
例えばの話傷が出来てしまったときに、肌が痒みを感じたり、かだぶたになって、下から新しい皮膚が出来上がってくるときは、あらためて生きていると思いますが、いつもは穏やかで何も感じないと思います。

お肌は知らないうちに、次から次へと新しく生まれ変わり、古いものが剥がれ落ちています。
お肌は確実に体に入れたものを反映させるので、ふだんからそのことを自覚していましょう。
お肌は体調の乱れに最も敏感に反応する組織です。

何日か前の自分がいつも映し出されていると感じます。
保湿化粧品での保湿は勿論ですが、体の中に良い物を取り入れることでケアをしてあげたり、保護してあげたりすることでより頑丈な順応できる肌がつくられます。
コーヒーやお茶の飲み過ぎ、脂質の取りすぎ、体を冷やす食べ物の取り過ぎはお肌によくありませんので、バランスのとれた食生活を心がけましょう。