寝たいなぁと思ったら自宅の中であればどの部屋でも

美肌になる為にはたくさん眠ること。
これが色んな美容法があるなかであたしが最も重要だと思うことです。
他の美容ケアはこの美容法を補う役目をします。

やっぱりたくさん眠ってからだと脳の疲労を取り除く事が美しくなる為には必要です。
睡眠時間を十分取るのは自分のベッドとは限らず、寝たいなぁと思ったら自宅の中であればどの部屋でも眠ります。
リビングでもキッチンの椅子に座っていてもどこに居てもです。

さすがにお風呂で眠くなってしまってもそうなったら危ないので眠りませんが、リビングでくつろいでいるとき意識を失うように寝入ってしまっていることがあります。
ふと気づくと寝ている状態なんですよね…。

家族は眠ってしまったわたしを起こさずに眠らせてくれます。
そんな訳で物音がしたり寒さや暑さで目を覚ますまでゆっくり眠ることができます。

仮眠を取ったからといって夜に寝られないということもないです。
夜は早めに眠りにつきます。

こういった生活がお肌のエイジングケアになると思うし健康にも役立つはずだと思っています。

そもそもがカサカサ肌なので肌ケアは保湿を重点的にやっていますが加齢によるものやカラダの調子によってはいくらしっかりとスキンケアをしてもキレイにならず、悩みが解消しないときがあるので少しでも皮膚にいい成分を肌の奥まで届けてあげる為に天然オイルを使った美肌術を実施しています。

テカテカしたり吹き出物を誘発するイメージのある天然オイルですが肌の乾燥を防ぐ効果や皮フの奥まで基礎化粧品の美容成分を取り込む効果を持っているのでいつも美容液や乳液の代わりとしてではなくフェイスウォッシュの後に導入液みたいに利用していますが美容オイルを肌メンテにプラスすることで昔よりは肌のごわつきがなくなってきました。

ドライ肌を治すのは一苦労で、スキンケアで普通肌に変えていくには限度がありますが満遍なく保湿ケアしたり丹念なスキンケアだけでは肌状態が改善されない場合には、いつもつけている美容化粧品だけじゃなくってオイルなどをお肌のお手入れに取り入れて最低でも現状維持するようにして、改善を目指すようにしています。

いつものスキンケアを施しても肌状態が改善されない場合などは肌なじみの良いオーガニックオイルを使用した肌ケアや色んな乾燥肌対策をして一刻も早く素肌のコンディションを改善するようにしています。

「決して、焼かない。」と強い意志があるわけではないですが、基本はあまり日焼けなしないようにいつでも気を配っているつもりです。

そんな訳で年がら年中、UVカット乳液は顔に使っているし、紫外線の強い暖かな時季は朝から日がさが必要になります。
生まれながら(わたくしが言うものヘンですが)わたくしは肌が白い方なので、周りの女性よりシミやそばかすが目立つし、歳を考えると肌のしっとり感が無くなってきているのを自分でもひしひしと感じているので、カサカサの元になる日焼けはなるべくしないように気を遣っています。

それから、保湿ケアをして、肌のために毎日、定期的にビタミンCほか病院で処方してもらったクスリも内用しています。
何やかやとお金も必要になりますが、現在の自分の歳を考えて色々やらなければいけないことがあるということはやむをえないことだし、どうでもいいことと諦めようとは思わないので一通り、私なりに今のうちにできることを色々試しているところです。

決して、若々しく見られたい訳でもないのですが、同い年の友達にほんの少しでも距離を広げたいといった本心もないわけではないので。