睡眠時間が5時間に満たないと起床時の肌の調子が悪い

美容に関して努力していることは、何といっても十分な睡眠です。
だいたい22時から2時まで寝ている事が美容にはいいらしいのですが、本当にそのとおりです。
どんなに長い睡眠をとったとしても就寝が3時だったりすると、寝起きのお肌の調子は悪くなってしまいます。

さらに、いかに夜の10時から2時までのあいだに眠っても、睡眠時間が5時間に満たないとやっぱり起床時の肌の調子が悪くなります。
高級化粧品やエステティックよりも、ありきたりですがしっかりとした睡眠時間をとることが大切だと思うので、眠りには気を付けているのです。
それからこれもありきたりですが、軽い運動を継続するのも大切だと思います。

私の場合通勤で、徒歩で駅まで通っています。
梅雨の季節に、雨じゃなくても車で通勤していた時期がありましたが、だんだんと体が重く感じるようになりました。
体重的にはそこまで増えてはいなかったのですけど、体が重い気がして何をするにもダルくなりました。

そうしたら、便通も悪くなりお肌が荒れるようになりました。
こうなったのは運動不足かも。
と気が付いてまた歩きはじめ1ヶ月くらい経った頃、便通も肌荒れも回復したのです。

このような事を経験したので、なるべく歩くとか、階段を使うようにしたりと、常にちょっとした運動をするように気を使うようにしています。
貧血の状態が長く続くと、当たり前ではありますが顔が青くなってきて血色が悪くなってしまいます。
しかも、すぐに疲れてしまうようになって気力が無くなってきてしまうので、身体や肌に悪影響がある感じがします。

更に、バランスが取れていない栄養管理が不十分な食事をしていたりご飯を食べないようなダイエットをしていると、肌も荒れてしまうような事になります。
なので、いつもバランスが整った食事を心がけるようにして自分の体の管理をする事が高い美容ケアにつながるのです!
特別な美容液などでケアする事が美容につながるという訳では全くないと思っているので、体の内部からちゃんと管理することが必要なのだと歳をとってから思うようになりました。

体を内側から温める食事や、炭水化物やビタミンなどの栄養素がまんべんなく摂取できるたくさんの食材を使用したメニューに気をつかって生活をするだけで、美肌に近づける事が出来ますし、体の調子も良くなってくるので食生活を改善してみて下さい。

美容の為に気をつけていることは眠ることです。
きちんと睡眠をとらないと体調も崩しがちになり更には肌荒れも起こしてしまいます。
翌日の朝の化粧のりにも何らかの影響がでます。

まず第一になるべく9時頃には布団に入るようにしています。
その時には携帯はもっていかない。
スマホを持つとつねに携帯をいじってしまうので眠るまでに時間がかかってしまいます。

9時に布団に入り10時までには寝るようにします。
10時からは「お肌のゴールデンタイム」だとテレビで見たので実践しています。

そして寝る姿勢は足を少しだけ上げるようにして眠ります。
むくみ対策をしています。
うつぶせ寝だと顔がゆがんで枕の跡がなかなか消えないので仰向けで眠っています。

眠るときもいつも美容に配慮して寝るようにします。
朝は5時には起床して最初に窓を開けてストレッチをして日光を浴びています。

つぎに体が起きたら時間をかけてさ湯をのみます。
こうしただけでも体が熱くなって代謝がよくなります。
眠っていても絶えず美容に配慮するとしないとでは翌日の朝の体調は違います。