蒸れた靴下のニオイは誰だって心地いいものとは思わない

からだのニオイはどんな人にもあるし、全くにおいがない人はほとんどいないと思います。
特に汗が出た時は殆どの場合といってもいい程匂いがしてしまうものだと思います。
この体臭は厄介なもので本人には中々気がつかない場合が多いのですが、周りの人からするととても気づきやすく不快感を抱かれることがよくあるということです。

みんなも一回は経験をされたことがあると思います。
例をあげると、電車の中での汗の臭いだったり、蒸れた靴下のニオイだったり誰だって心地いいものとは思わないでしょう。
けれどもわたくしは、できるだけにおいに関しては不快に思わないように気をつけています。

当然のことですが、明らかににおいが強いと感じた場合には自分も敏感に感じ取ってしまうと思いますが、夏場のバスの中などで感じるものは逃れられないと割り切るようにしています。
どうにもならないことですし、誰もわざと体臭を臭わせたくて乗って来るとは思われないので、熱心にやっている証だと想像するようにしています。
臭いのケアも大事ですが、捉え方も大事だと強く思っています。

わたし自身がイヤだと思う体が出すニオイは柔軟仕上げ剤のニオイを多めにさせている人が汗の臭いと混じっているのが凄く臭いと思うのです。
もともとの柔軟剤の適量を越えて使用している人がその傾向だと思います。
ショップで横を通って汗臭がする人の方がまだマシです。

ファミリーレストランなどでスタッフの方が過剰に柔軟剤のニオイを放っていたら不釣り合いに感じてしまいます。
人間生きていたら汗をかくものですから制汗剤と汗が混じった臭いをしている方がまだましだと思っています。
柔軟剤って香水と何らかわらないと私は思うのです。

多分柔軟剤を普通の量にすればそれ程強烈なにおいを放つわけがないです。
わたくしはタオルなどに使用していますが、その方達みたいにきつく匂うような事はなかったです。

洗濯用柔軟剤のニオイがキツイ人ってきっと気使っていると思うので汗臭さが嫌いなんだろうなと推測しています。
これはお友達の話で自分自身はそう思いました。
何よりもあるがままの香りが良いと思いませんか?他人に不快感を与えないようにするには柔軟仕上げ剤で香害を起こしている人も注意しないといけませんね。

今現在私はクリニックに努めています。
そこの先生が大問題で…。

なぜかというと、その先生は凄く忙しい方で特に月末は色々書類もあり睡眠時間を削って作業をしています。
それは仕方がない事だと思うのですけど、寝る暇だけじゃなくて、お風呂に入る時間も削ります。
ですので、仕事が終わっても病院に残って仕事をし、自宅に戻らずに病院に泊まるのです。

そして、一晩たち翌日も診療するのですけど、本人的には気づいてないのかわかりませんが、いつもニオイがするのでわかります。
しかも肥っているのでとても汗かきなので、強烈なニオイがするのです。
しかもそのまま夜を明かしているので、着ている物もそのままですからその匂いもきつくてたまりません。

患者さんの中でも気付いている人がたくさんいるため、申し訳ない気持ちになります。
それだけでなく、たばこも吸っています。
そのため、タバコを吸って戻ってきて再度患者さんを診察するときには、全身から悪臭が漂い、ホント悲惨です。

こんな人が先生では誰もいう事が出来ないので従業員たちも困惑しています。
匂いはやはり自分自身では分かりにくい事でしょうけど、何とかしてほしいものです。

実はこの頃気になっていることがあります。
今まで自身でも分かっていなかったし、友だちからも注意された覚えは一度もありませんでした。
困っているのは僕の足裏が臭うということです。

この前までは人に1回も指摘をされた事がなかったので、自分は無臭なんだと思っていたのですが。
問題の日はいきなりやってきました。
土曜日に、僕は職場の同僚の家に向いました。

初めのうちはいつもと変わりなく愚痴を言い合ったり、お酒を楽しんだりしていたのですが突然彼が変な顔をしたのです。
そんな様子に戸惑っていると、友だちが「何か変なにおいがしてる」と言うのです。
僕は彼の急な発言に戸惑うばかりでした。

すると友だちが鼻の利く犬のように僕に近づいてくるのです。
「どうした?」って尋ねてみると、「お前から臭いがする!足から。」と言われました。

ボクはまさかと思いました。
それから、友人が鼻を近づけたら吐きそうになっていました。
この異臭は、ボク自身の足裏から出ていたのです。
私はその日から「自分には足臭がある」と自覚して、人に迷惑を掛けないように気をつけています。