趣味の料理と毎日の料理

先日お友達に誘われてクッキングセミナーの体験に行ってきました。
大学生からずっと自炊派なので、普段から料理はしているけれど、たまには、おしゃれなメニューを覚えるのもいいかもしれないと思ったんです。

参加されていたのは、自分と同じ20後半から30代のいわゆるアラサーの方々。
どうも婚活を始めて料理ができたほうが良いと習い始めた方が多いそうで…メイクも服もバッチリなのは素敵なことだけど、流石にネイルはどうかと思います…そのキラキラした爪でお米研いだり野菜切ったりするのって違和感ないのかしらと疑問に思いつつ、グループに分かれて料理開始。

メニューはチキンのハーブグリルと温野菜のバーニャカウダとキノコのパエリアでした。
うん、予想通りオシャレでおもてなし料理にはピッタリでした。
でもオリーブオイルとニンニクが多すぎません?ニンジンやカボチャを星型やらハート型に抜くと可愛いけどその残った部分どうするんです?
鶏肉とキノコと野菜だからヘルシーだねーってほんとに思ってます?こんな単価の高いメニューを毎日彼氏さんに作れます?

もう調理中に頭の中でツッコミオンパレードでした。自分は、冷蔵庫の中身と特売品を見ながら一汁三菜のメニューを考えて、飽きないようにいかに食材を使い切るのが楽しいので、こういう料理もあるのかー!と目からウロコでした。

確かにこれは趣味の料理だなあと。確かに教室側も受講料を貰っている分、それなりに手が込んだり見栄えが良いものを出さないといけませんよね。
自分がやっている毎日の料理とは違うんだなあと思いました。
自分が貧乏性なだけなんですけどね。

結局教えて貰った料理は、骨つき鶏モモ肉が手羽元になり、バーニャカウダは温野菜と豆腐のオリーブオイルサラダになり、パエリアはフライパンでパエリア風炊き込みにアレンジされて自分のレシピに加わりました。

外見とか見た目にこだわっただけでは、自分の内面までは磨けないんだなあとつくづく感じた料理教室初体験でした。

料理との出会い

私は現在大学の4年生です。私は大学に入学した当初、料理をするつもりはありませんでした。どのくらいなかったかというと、料理道具がインスタントラーメン用の鍋のみというくらいには料理をするつもりはありませんでした。

そんな私が料理を作り始めたのは大学3年になってからでした。きっかけは友達と行った料理屋さんで牛すじ煮込みを食べた時に、友達がこれくらいなら作れると言っていたことです。私はこのレベルの料理を家で普通に作れるという事実に衝撃を受け、料理を作ってみようと思いました。

家に調理用具が何もなかったので友達に聞きながら揃えて牛すじ煮込みを作りました。家庭科の調理実習くらいでしか料理をしていない自分でも美味しいものが作れるとわかったのがとても嬉しかったのを忘れられません。そこから、料理のレパートリーを増やしていき、今では料理が趣味となっています。料理を趣味にしていてよかったなと思うことは、周りの人達が今までと違う目で見てくれることです。

自分磨きの為に料理の練習

私は、自分磨きの為に料理の練習をしています。今までは、ほとんど料理の経験が無く包丁の使い方なども皆無でした。しかし、今現在お付き合いしている彼氏が、手料理に非常に飢えており、毎日コンビニ弁当を食べていることを知り、彼氏の為に手料理を作ってあげたいと思うようになりました。

そこで、クックパッドという料理のレシピが載っているサイトを利用して、ひとつずつ料理を作る練習をしました。最初は、材料の分量や工程に関する専門用語がよく分からなかったのですが、それもだんだんと理解していき、慣れていきサイトを見らずとも一人で料理を作れるようになりました。

さらに、自分でも成長したなと思ったのが、冷蔵庫を見てパパッと献立を考えることが出来るようになったことです。また、料理を作ると誰かに美味しいと言われることがこんなに嬉しくなるとは思いませんでした。彼氏が、「こんな料理家で食べたことがない。すごく美味しいよ。」と言われた時は、涙が出そうになりました。これからも、彼氏に美味しい料理を作ってあげたいと思います。